国民年金の振替加算とは?

国民年金には振替加算という制度があり、老齢(障害)厚生年金または退職(障害)共済年金等の配偶者加給年金額の対象となっていた方について、65歳到達時に支給される老齢基礎年金に加算され支給されます(例外的に振替加算のみの老齢基礎年金もあります)。...

続きを読む

付加年金とは?

国民年金制度においては、20歳から60歳までの強制加入期間において国民年金保険料を納めなければなりませんが、国民年金保険料に一定額を上乗せして納めることによって年金額を増やすことが出来る制度が存在します。...

続きを読む

老齢基礎年金の満額とは?

国民年金保険料(厚生年金保険料)を25年以上【平成29年8月1日以降は10年以上】納めた場合は、国民年金制度からは老齢基礎年金という全国民共通の老齢年金を65歳から受給することができますが、この老齢基礎年金額には満額(フルペンション)という考え方があります。...

続きを読む

国民年金第2号被保険者の退職時点の注意点

国民年金については20歳から60歳までの期間は強制加入となっており、加入を免れることが出来ないことは既に触れた通りです。 この国民年金の強制加入期間は40年(480月)となっていますが、40年間分被保険者として加入したからといって強制加入義務を免れるわけではありません。...

続きを読む

国民年金保険料免除についての補足点

通常、国民年金保険料の申請免除は申請時点から適用となりますが、申請が遅れた場合は遡及して申請することも可能となっており、申請が認められた場合は2年1ヶ月前に遡って保険料免除期間とすることが出来ます。  これは申請免除に限らず、学生納付特例期間や若年者納付猶予期間であっても同様に申請が認められれば2年1ヶ月前に遡及することも可能です。...

続きを読む

国民年金保険料免除を受けた場合の老齢基礎年金額

国民年金保険料について法定免除や申請免除を受けた場合には、追納しない限りは将来の老齢基礎年金額は減額して支給されることになります。...

続きを読む

国民年金保険料の追納とは?

国民年金保険料については、保険料免除や保険料納付猶予を受けることで負担の軽減を図ることが出来ますが、そのままにしておいた場合、保険料免除を受けた場合には免除の内容に応じて免除を受けた月数分減額された老齢基礎年金を受給することになりますし、保険料納付猶予を受けた場合には納付猶予を受けた月数分の老齢基礎年金額が支給されない老齢基礎年金を受給することになり、何れにせよ老齢基礎年金額の減額は避けることが出来ません。  この場合に、将来に向けて老齢基礎年金額を増額したい場合は追納という方法をとることが出来ます。  追納とは、保険料免除や保険料納付猶予を受けた期間について、10年前まで遡って納めることが出来る制度であり、納めた期間については保険料納付済期間と同様の年金額にすることが出来ます。  但し、従前と同様の国民年金保険料額として納められるのは2年目までであり、3年目以降になると一定の加算がなされた額を追納することとなるため負担が増すこととなります。  しかし、保険料未納期間の場合は、国民年金保険料の納付の時効が2年となっている関係上、2年以上に遡って納めることが出来ず、それ以前の期間は保険料未納期間として確定してしまう点と比較すると、追納期間とすることができる保険料免除期間や保険料納付猶予期間については10年の期間に渡り保険料を納付することが出来る機会がある点において有利ですし、保険料未納期間とは違い受給資格期間としてみることが出来る等、比較すると保険料未納期間とするリスクがお分かりになるかと思います。  なお、追納対象となる保険料免除期間と保険料納付猶予期間が混在している場合は、原則の順序は学生納付特例期間(若年者納付猶予期間は同順位)が優先し、保険料免除期間については先に経過した期間から追納するとされていますが、保険料免除期間より学生納付特例期間(若年者納付猶予期間)が後にある場合には、いずれを優先して追納するかは本人が選択できることになっています。

続きを読む

国民年金保険料の納付猶予とは?

国民年金保険料については、法定免除や申請免除による保険料免除制度の他、一定の方については保険料納付猶予制度を利用することが可能です。  1つ目は学生納付特例制度と呼ばれるもので、一定の所得以下の学生の方であればこの制度を利用することができ、申請により国民年金保険料の納付猶予を受けることが出来ます。...

続きを読む

国民年金保険料の免除とは?

厚生年金適用事業所に厚生年金被保険者として雇用される場合には、給与から厚生年金保険料が天引きされるとともに、事業所がその被保険者負担分と事業所分を合わせて納付する必要がありますので保険料の免除という考え方にはなりません。...

続きを読む

国民年金の任意加入について

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の方は強制加入となるのに対し、その要件に該当しない方は国民年金の強制加入の対象とはならないことは既に触れた通りですが、一定の方については国民年金に任意加入できる場合があります。...

続きを読む